112 RD 50 Combo

¥240,000(税抜)

ミュージックマンのRDシリーズは、トム・ウォーカーの手により開発され、1970年代中期から1980年代初期まで製造されました。
当時、多くのトップ・アーティスト達に愛用され、数々のレコーディングからステージまで使用されていた伝説のギター・アンプです。アーニーボール・ミュージックマンの新しいRDシリーズは、ヴィンテージと同様のモデル名とシルバーサラン・ネット&ブラック・レザー等のルックスを継承し、ヴィンテージの良さを残しつつ、現代のミュージックシーンにもマッチしたサウンドを獲得したギター・コンボが登場しました。
112-RD 50 Comboは1チャンネル/2ステージ仕様の50W出力で、12インチ・スピーカーを1基搭載したギター・コンボアンプです。
当時のコンセプトに倣い、プリアンプにはトランジスタ、パワーアンプには真空管を用いたハイブリッド・アンプです。
1チャンネルながら、チャンネル・セレクトの感覚で使用できるクリーン&リミッター(ディストーション)のステージ切替スイッチを装備しています。
クリーン・ステージはトレブル/ベースのパッシヴ・トーン・コントロールとブライト・スイッチを搭載しています。
リミッター(ディストーション)・ステージには同様のトーン・コントロールの他、ゲインとリバーブを搭載することでヴァリエーション豊かなサウンド・メイキングを可能にしています。
クラシック・スピーカーの音響特性を持たせた12インチの軽量なネオジム・マグネット・スピーカーを採用しています。
このアンプは、自身が熱狂的なヴィンテージのミュージックマン・アンプのファンで、イタリアのDV MarkとMarkbassのマルコ・デ・ヴァージリスが監修しています。
※価格は全て税抜です。

^ Back to Top