BH 500 Bass Head

¥160,000(税抜)

ミュージックマンのベース・アンプは、トム・ウォーカーの手により開発され、1980年代前半のごく短い時期に製造されていた伝説のベース・アンプです。新たなBH 500 Bass Headは、ヴィンテージのベース・アンプと同様のシルバーサラン・ネット&ブラック・レザー等のルックスを継承し、ヴィンテージの良さを残しつつ、現代のミュージックシーンにもマッチしたパワーとサウンドを獲得したベース・ヘッドとして登場しました。
BH 500 Bass Headは500Wの大きな出力を備えたベース・アンプです。ソリッドステートのプリアンプに最新のデジタル・パワーアンプを組み合わせることで、軽量コンパクトな上、強力なパワーを獲得しています。ゲイン、トレブル、ベースの他に5つの周波数帯(67, 184, 510, 1.4k, 3.8kHz/±16dB)を網羅したロータリー式のトーン・コントロールを搭載することで、ヴァリエーション豊かなサウンド・メイキングを可能にしています。
このアンプは、自身が熱狂的なヴィンテージのミュージックマン・アンプのファンで、イタリアのDV MarkとMarkbassのマルコ・デ・ヴァージリスが監修しています。
※価格は全て税抜です。

^ Back to Top